興信所料金|土崎で興信所の料金を知りたいならこちら!浮気や不倫は探偵にお任せ

興信所料金|土崎で興信所の料金を知りたいならこちら!浮気や不倫は探偵にお任せ

浮気調査と不倫調査は裁判を起こす際に


一番大事なのが証拠


です。証拠が無いと裁判も起こせませんし、親権や慰謝料の請求も十分に出来ません。相手が確実に浮気や不倫をしていても、司法の場で要求されるのは証拠なのです。

浮気調査と不倫調査は証拠が鍵

浮気調査の証拠


警察に任せるという方もいますが、警察は事件性がない場合は動いてくれません。


自分で調査しようとした場合、何を撮影していいかわからず、上手く写真を撮ることが出来ません。また万が一相手に見つかった際に、裁判で不利になります。


証拠は、


慰謝料と大きく関係する大事なもの


です。そのため専門家の探偵社に、的確に証拠を集めてもらうことが重要です。


探偵社は裁判の証拠として使えるかを考えてくれるので、プロに一任するのが理想と言えます。


全国対応探偵社ランキング

原一探偵事務所


原一なら間違いありません


業界でも大手であり、テレビでもおなじみで安心度の高い探偵社です。


なんと全国主要都市に18拠点もあり、当然のことながら全国対応で遠方の方でも安心して依頼ができます。


TV番組でもよく調査協力を行っており、情報の取扱に大きな影響力を持っています。


矢印

≫原一探偵事務所に相談する≪
問い合わせボタン

総合探偵社TS


女性のための浮気調査窓口


旦那さまと復縁したい。もしくは離婚ご安心した生活を送りたい。そんな女性のお悩みに、総合探偵社TSが応えてくれます。


低料金はもちろん、相談員とは別にカウンセラーも配備。


あなたの不安を解消してくれます。


矢印

≫女性のための探偵社へ相談する≪
問い合わせボタン

tannto


探偵さがしのタントくんは、多くの探偵社と提携をしている情報提供型探偵社です。


多くの中から一括見積もりが行えるので、目的や金額に合わせて探偵社を探す事が出来ます。

タントくんは一括依頼サービスで、探偵社ではありません。

矢印

≫タントくんに相談する≪
問い合わせボタン

探偵社の選び方

◇実績と信頼で選ぶなら


◇女性のための浮気調査なら


◇複数の中から選びたいなら


値段や内容、プライバシーを守ってくれるかなど色々と選ぶ材料はあります。


ホームページやメディアで調べて、依頼をされる方も多いと思います。ホームページ等は綺麗に作るのが当たり前なので、その探偵社の本質を調べられません。


肝心なのは「問い合わせをしてその対応を確かめる」ことです。問い合わせは無料なので、


できるだけ多くの探偵社に問い合わせましょう。


探偵に依頼する場合の調査費は決して安くはありません。ですので、手間を惜しまないようにしましょう。


不倫調査での口コミ

夫の浮気で…
夫が浮気をしているようなので、知人の紹介で探偵に依頼をしました。予感は的中。夫の浮気が発覚して、結果、裁判で離婚をすることに。


その際の証拠も全て用意して頂けたので、納得出来る慰謝料を請求することができました。依頼をして本当に良かったと思っています。

はじめから任せるべきだった…
妻の帰りがいつも変に遅いので、友人に聞いたところ浮気が発覚しました。そこで友人と一緒に写真を撮ろうと妻を追ったのですが、相手にみつかってしまいました。


仕方なく探偵社に依頼をした所、相手に警戒されてしまったために人員を多く配置する羽目に…。最終的には証拠をきっちり集めていただき、離婚調停を行うことができました。


ですが、よけいな費用がかかったので、はじめから探偵社に依頼をすればよかったと後悔しています…。


探偵社の一般的な金額はどれくらいと思っておくべき?

相手の移動が徒歩、自転車、自家用車で費用は変わってきます。また、旦那様や奥様の写真や、仕事先等の資料の有無で調査内容は変動します。さらに、証拠が裁判でどのぐらい通用するレベルかでも違いが生じます。


証拠の重要度で費用が変わる


例として5日間、旦那様または奥様の調査とし、今回はナンバーが分かっている自動車と仮定しましょう。資料が十分にある状況で、裁判に十分通用するを調査してもらった場合、大体30〜50万円程度となります。


もちろん探偵社によって1時間の基本料金が変わるため、あくまでも目安として捉えておきましょう。


なぜ原一探偵がおすすめなのか?

調査実績44年と長く、解決実績も業界トップクラスの110,000件という成績です。他の探偵社と比べても、


ここまでの実績はなかなかありません。


原一探偵がおすすめ


また拠点も18ヶ所と非常に多いために、広い地域の調査が可能です。遠方からの依頼でも安心です。


自社保有車両は、なんと100台以上もあります。1台の車両では警戒される尾行も確実に行えるといえるでしょう。


ただし実績と人員の規模の為に、調査員人件費が若干割高になってしまいます。その分、証拠としての信用・安心度も高くなります。


裁判では、証拠の信用で慰謝料が大きく変動されます。最高の証拠を求める場合は、『原一探偵事務所がおすすめ』です。

追加料金のない安心見積り

経験と実績がとても豊富な

探偵事務所はこちらから

原一探偵事務所

矢印

≫原一探偵事務所に相談する≪
問い合わせボタン

人探しにかかる費用の予算

昨今では、個人情報保護法が厳しくなっているために、追跡に必要な情報が引き出しにくくなってきています。


以前であれば、必要な情報を個人でも集めることができたのですが、最近では本人しか情報開示できないことも増え、個人レベルではどうすることもできなくなっているのが現状です。


個人情報の取扱


ですが、探偵事務所に依頼することで、探偵事務所は手元にある様々な手段を講じてくれて、行方を追ってくれます。


そして、必ずと言っていいほど


お探しの人を見つけてくれることが可能


ですので、安心して依頼してみると良いでしょう。


≫メールもしくは電話にて相談してみる≪

実際の探偵社に頼んだ場合の金額の一例

ではまず費用です。


人探しには、どうしても時間がかかってしまう場合があります。


ですがそれは、失踪されてからの日数が多く経過してしまうと、どんどん捜索が難航してしまうためであり、極力費用を抑えるためには、できる限り探偵に早く依頼することが大切です。


人探しはすぐさま探偵に依頼を!


例として、


探偵の時間単価×時間×日数


で計算をします。


もちろん探偵事務所の単価にもよりますが、仮に探偵事務所の単価を1万円、1日平均7時間の捜索で、3日かかったとすると、それだけでも21万円の費用、おまけに調査人数が多くなれば、さらに割高となってしまいます。


浮気調査などに比べて、人物が近くにいるわけではないため、少し費用がかかってしまうようです。


また蒸発や行方不明でも、事件性が薄い事案の場合、


警察は思ったように動いてくれない


ため、なかなか思うようにことは進みません。

費用はかかるとは言っても、むしろ数十万円程度で大切な人を捜せるわけですから、人の命はお金で買えないことから考えてみても、決して高い費用とは言えないのではないでしょうか。


ですが安心して下さい。原一探偵事務所では、


追加ナシの料金設定がされている


のです。


後になって、初期費用をかなり上回るような追加料金を請求されるより、事前の綿密な打ち合わせ時に明朗にしてもらうことで、得られる安心感は探偵他社とは比べることはできないと言えるでしょう。


→ 「親身に対応」原一探偵事務所の詳細はこちら

人探し依頼をする時に必要な情報

情報で必要な物とは

情報は、


人探しにおいて最も重要な要素


と言えます。情報が多ければ多いほど、難易度は下がり、料金も安価になるでしょう。


しかし、何も情報が無ければ一から調べる必要があるので、その分料金が高くなってしまいます。


人探しに必要な情報は下記の通りです。


・失踪理由(推測でOK)
・所持している現金、カード類
・交友関係
・SNSなどのアカウント情報
・車やバイク、自転車の有無


もし、これが血縁者等ではなく、他人を探す依頼の場合には、その方の実家の場所や勤務先情報等が必要になります。実家があれば足取りが掴みやすいですし、勤務先の情報がわかれば聞き込みができるそうです。


このように人探しをする場合には、ほんの些細な情報から調査の難易度が左右されるといいますので、依頼する探偵には、必ず知りうる限りの情報を伝えるようにしましょう。

通院歴も立派な情報です

病歴や通院歴、歯の治療なども重要な情報になります。持病の通院は場所が変わっても必要ですし、事前にこうしたことが分かっていれば、特定もしやすいのです。


通院歴なども人探しの情報網


持病を調べることにより病院が特定でき、更に病院だけではなく調剤薬局を調べることで、より深く足取りを追うことが可能です。

人探しを警察に依頼する際

警察へ依頼するメリット

事件性があればメリットは大きいです。


人探しを警察に頼むメリット

警察しか見ることのできない書類や、情報にアクセスすることで、行方不明者を調べることができます。


捜索される人数体制も大掛かりなものとなり、早期の発見が可能となります。


傷害事件に巻き込まれた場合、または横領事件や脱税事件など刑事事件に関係がある場合は、探偵よりも警察に依頼した方が良い場合もあります


全国の警察への捜索願は現在、「行方不明者届」という名称に変わっています。行方不明者の相談は、こちらのご案内窓口より行なうことができます。


⇒ 警察総合行方不明者のご案内サイト


その中の警察署一覧ページより、各都道府県警察のページへ移行します。事件性があるかどうかも含めて相談すると良いでしょう。

警察へ依頼するデメリット

警察は事件性がない場合ほとんど動いてくれません。しかも、規模によって割かれる人員が変動します。


事件性が無く規模が小さい話と判断されれば、末端の巡査1〜2人程度が別の仕事の合間に調べる程度ではないかとの憶測もあるようです。


規模は小さくても、大事な人が居なくなったら、家族は気が気でなりませんよね。


こうした場合においては、探偵の方が初動から素早く調査に動くことが可能です。

警察に依頼する際の分類

警察に捜査を依頼する場合ですが、だいたい大きく分けて2種類に分かれます。

1.特別家出人


特別家出人

特別家出人は事故や事件など犯罪に巻き込まれた場合に指定されます。


この場合であれば、事件や犯罪解決の目的が救助の延長上になるため、警察も積極的に捜索を行ってくれるでしょう。

2.一般家出人


一般家出人

一般家出人は、事件性や犯罪に巻き込まれたわけではなく、本人の意思で行方不明になった場合に指定されます。


もちろんこの判断は警察によってなされるわけですが、こうした場合は警察はあまり動いてくれません。

警察の動き方

警察は事件性があるかどうかで動くことが多いとは、テレビやその他メディアなどでもよく言われているとおりです。一般的に警察は「民事不介入」の姿勢であるため、刑事事件に発展している可能性がないことには、なかなか動いてくれないとも言えるのです。

失踪者の行動パターンや原因

1.自ら姿を消した場合の行動傾向


自らの意思で失踪した場合、原因の多くは


金銭トラブルや人間関係のトラブル


による、家出が大半の原因のようです。


人間関係・借金トラブルで行方不明


年齢や性別によって多少の違いはあるものの、何かしらの悩みがあるからこその家出や失踪です。ですが警察はもちろん、探偵ですらも難しい捜索などもあるようです。


例えば、金銭トラブルなどの場合は、借金の返済が滞ってしまい、返済できなくなって失踪してしまっているので、金融業者や債権者から身を隠すように逃げるため、追跡がかなり困難であるとされています。


SNSなどでの痕跡

若年層であれば、SNSに書き込んだり、友達に連絡を取ったりする場合がありますので、それらから見つかることもあるのですが、そうした痕跡一つ残さない方法で身を隠されると追跡は極めて困難になるようです。


逆に浮気や不倫の駆け落ち…などのケースになると、よほど仕事を辞めたりして痕跡を消さない限り、2人で生活をしていくわけですからそこまで難しくなることはないようです。


ですがこうして自ら失踪した場合は、先述の通り警察は民事不介入になりますから、捜索願い(行方不明届)は一応受け付けてはくれますが、積極的に動いてくれることはまずもってないと考えるべきでしょう。

2.事件性があると判断された場合


事件性がある理由の場合、探偵よりも警察に捜査を任せたほうが良いでしょう。


誘拐や遭難、拉致監禁等が考えられる場合は、失踪者中心ではなく犯人逮捕の延長上に失踪者救助があるため、警察も早く動いてくれます。


行方不明で事件性があれば警察動く


ですがやっぱり、警察が動くのは事件が起きた後…、すなわち何かが起こってからしか動けないため、どうしても


初動が遅れる傾向にある


ようです。捜査は確実な証拠が揃ってからになるために、行動がどうしても後手後手になってしまうことは否めません。


そのためにも、早めに解決したい場合には、やはりお金を遣ってでも


探偵に依頼することで事故を未然に防ぐ


こともできるようです。

≫事件に発展する前に!今すぐ相談≪

3.事故や病気によって姿を消した場合の傾向


失踪する理由もなく、トラブルにも巻き込まれた形跡がない場合、「事故」に遭っている場合や、急な「発病」の可能性があります。


通常、事故にあった場合は警察や消防から連絡があるはずです。


事故や発病で行方不明


川の近くを歩いていた際に、誤って川に落ちたりする事故や、急な記憶喪失になってしまって、家まで戻れなくなったりするパターンも実際にあったようです。


こういった、事故などで行方不明になってしまう場合、本人が無自覚であることがほとんどなので、どうすることもできない事例が多いのです。


最近では、認知症の老人が行方不明になるケースもありますが、こちらも本人には意識がない場合がほとんどと言えるでしょう。

人探しを探偵に依頼して発生したトラブル

人探しを探偵に依頼したものの、「価格が安いから」などの理由で安易に選んでしまった結果、トラブルになってしまった案件をご紹介します。

居場所は突き止めてもらったものの…

人探しトラブルの口コミ1

個人的にお金を貸していて、貸した相手が行方不明になり、探偵に依頼することにしました。


前金で調査費用を要求してきて、言われるがままに調査費を渡しました。


結果、数日で探偵事務所から報告書を受け取り、住所がわかったので行ってみると、誰もおらず空室。


探偵事務所に問い合わせたところ、調査以降の住所には責任を持てないと言われる始末…


こうした


全く意味のない探偵事務所もあります


ので、依頼する側も注意が必要なんだと後悔しました。


大和市 会社員 白山さん(仮名)

見積もりは安価でしたが…

人探しトラブルの口コミ2

定年が早まってしまった私の父は、60歳で職を失いました。それが原因で母と衝突し、そのまま気づけば父は行方不明に。


警察は案の定、何も動いてくれなかったので、探偵事務所に相談し前払いで10数万円を支払いました。


あと一歩で見つかるという連絡を受けた時、


追加で50万円の支払いを請求


され、支払うことができなかった私達はそこで捜索活動を断念。ただただ愕然としてしまいました。


その後2年経って、父はボロボロになって帰宅。持ち出した貯金をすべて使い果たし、老後のお金がすべてなくなった状態になってしまいました。


追加料金がかかるなら、最初からその可能性もあることを、言っておいて欲しかったですし、探偵事務所はきちんと選ばないといけないとつくづく後悔してしまいました。


神戸市 会社役員 あまちゃん さん

上記のようなトラブルはほんの一部です。


相談内容をあまり聞かず、調査料金だけ早々に伝えられ、すぐに契約を促してくるような探偵社には要注意です。


探偵社を選ぶ際、経験や実績はもちろんのこと、総調査費をしっかり提示・説明をしてくれるような信頼のできるところにお願いしましょう。

追加料金のない安心見積り

経験と実績がとても豊富な

探偵事務所はこちらから

原一探偵事務所

矢印

≫原一探偵事務所に相談する≪
問い合わせボタン

page top